08 店づくり・日々のこと

2011年5月15日 (日)

仙台と、鎌倉で

11日で、東日本大震災から丸2ヵ月が経ちました。

昨日は浄智寺で開催された追善供養 復興祈願『万灯』に行って
祈りを捧げてきました。

専門職の方をはじめ被災地支援のボランティアに行かれている方など、
復興に尽力されている方々には頭が下がる思いです。
また、被災者の方々が一日も早く平穏な暮らしができるよう、祈るばかりです。

さて、明日16日(月)と17日(火)は毎月恒例の満月ワインバー。
今月から、
仙台のカフェエクレープリーノートでも「満月ワインバー 仙台」
が開催されることになりました。

『料理通信』や『BRUTUS』に掲載され、ワイン愛好家の間で認知されつつある
「満月ワインバー」という名称を使っていただくことで、
なんらかの復興支援となれば嬉しいです。
満月ワインバー仙台では、地元の飲食店が何軒か協力してアテを用意するとか。
楽しそうですね! 

鎌倉と仙台で、
同じ月を眺めながら
美味しいワインと料理、人と会話して。
それぞれの店にいる人たちは互いの顔も知らないけれど、
なんだかつながっているような気にさせられませんか?
満月ワインバーの心地よい雰囲気が、仙台にも届きますように。

5月の満月ワインバーにどんなワインが登場するかは、
ソムリエ石井さんのブログをご覧くださいね☆

|

2011年4月 1日 (金)

満月ワインバー義援金を寄付しました/4月11日はPray from Kamakura

3月の満月ワインバーは、バウチャーチケット1枚につき100円を義援金としてお預かりしました。
ご来店くださった方々、本当にありがとうございました。

お客様の中には、チケットの残額を「返金いらないから、この分も寄付にして」という方や、「これも義援金に入れておいて」と直接現金を預けてくださる方もいらっしゃいました。
ありがとうございます!
こうした方からの寄付もあわせて、2日間で皆様からお預かりした義援金は42,200円にもなりました。
皆様、ご協力本当にありがとうございました!

Photo_3

満月ワインバーの2日間の収益からの寄付金は、皆様からの
義援金と同額の42,200円とさせていただきました。
合計84,400円を、昨日無事に日本赤十字社へと送金いたしましたのでご報告させていただきます。
(私の字が汚いのは勘弁してください…)

被災地への支援は長期的なものとなりそうです。
関東に住む我々ができることは、被災地の復興を祈りつつ元気に暮らして経済活動をおこなっていくこと。それが長期的な意味での支援に繋がると考えています。






祈り、といえば
4月11日、鎌倉の鶴岡八幡宮で神道・仏教・キリスト教と宗旨・宗派を超えて宗教者たちが集まり
「東北地方太平洋沖地震追善供養 復興祈願祭」が執り行われます。
私にとって、いえ、おそらく多くの人にとって再生と希望の象徴となった、あの大銀杏のすぐそば、舞殿で催事がおこなわれるそうです。
当日、八幡様にいらっしゃれる方も、お仕事などでいらっしゃれない方も
被災地へ祈りをささげませんか。

|

2011年3月24日 (木)

26日(土)臨時休業いたします

鎌倉惣菜は、今日初めてキャンドルで営業しました。
今夜の計画停電は終わるのが早かったですね。

計画停電にもだんだん慣れてきた広報Yです。
このまま節電が習慣になれば、関東で使う電力の為に、
他の地域のみなさんを危険&不安にさせる
原発はいらないんじゃないかなーと思いますが、甘いかな?

フランスだと集合住宅のエントランスや廊下の明かりはタイマー式。
スイッチ押して明かりがついても、数分で消えてしまいます。
日本のオフィスビルやマンションの廊下はいつも明るすぎますが
(今は節電モードで暗めですが)
人が通るときだけ明るくすればいいんじゃないでしょうか。
蛍光灯だとついたり消えたりするとかえって電力消費するんでしたっけ?
知恵を絞って、暮らし方を少しだけ変えて、関東に住む人々がちょっとずつ不便さを受け入れたら
もっと節電できる気がします。

ところで、ご来店くださった方には
3月の営業予定をお渡ししていたのですが
26日(土)は都合により臨時休業いたします。
ブログでのお知らせが直前になってしまい申し訳ありません。
ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

※27日(日)に予定していた山形そば「ふくや」は震災の影響で食材が届かないため、
4月以降となります。
開店日が決まりましたらお知らせしますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします

|

2011年1月10日 (月)

本年もよろしくお願いいたします

松の内も終わってしまいましたが、あけましておめでとうございます!

お客さまとの信頼関係を強くできるよう、今年も美味しい惣菜を作っていきますので

今年もよろしくお願いいたします。

|

2010年10月22日 (金)

今週末はワインバーです

毎月、満月が近づくとブログのPVが増えます。

リンク元も「満月ワインバー」関連が多くなります。

そう、10月の満月ワインバー&小望月ワインバーは今日(22日)と明日(23日)!

今月も金曜&土曜と週末開催=混雑が予想されます。

最近は口コミや雑誌などでの掲載情報をご覧になって遠路はるばるお越しくださる方も多くて、本当に有難いです。

立ち飲みなので、気軽にいらしていただきたいのですが、なにせ小さな店。

ゆっくりくつろいで飲む、という雰囲気ではありませんので、その点はご承知おきくださいますよう。

スペースを譲り合ってワインをお楽しみくださいませ。

※飲食物の持ち込みはご遠慮いただいております。

※ノンアルコールドリンクは、レモネードとミネラルウォーター(ガス入り・ガス無し)がございます。

※une carafe d'eau(お冷)のサービスはしておりません。ミネラルウォーターをご注文ください。

|

2010年6月18日 (金)

夏の間、キッシュの販売をお休みします。

もう6日前のことになりますが、「はやぶさ」が無事帰還しましたね☆

広報Yは子どもと寝てしまったので、ライブ映像は見逃しましたが、これとかこれとか観て感動しました。

翌日公開された「最後の一枚」の写真もうるっときましたが、(ニュース番組の解説のおじさんが「久しぶりの故郷をみて涙でかすんだに違いない!」と言ってて微笑ましかったです)JAXAの担当者のお話を読んで涙腺崩壊。日本の科学技術ってスゴイですね! 

今年はスペースシャトルのこととか、はやぶさのこととか宇宙に関する話題が多いから、これをきっかけに宇宙飛行士を目指したり、JAXAの研究者を目指したりする子どももきっといるだろうなあ。

宇宙飛行士といえば、Arthur Hのこの曲が好きです。父親が宇宙飛行士で、自分も宇宙飛行士になる息子の歌。サビの歌詞が1番「パパは宇宙飛行士」2番「僕は宇宙飛行士になる」3番「僕は宇宙飛行士」なんですよー。

閑話休題。

火・木・土曜日に数量限定で販売しているキッシュ。

7月3日(土)をもちまして、一旦キッシュの販売をお休みさせていただきます。(9月末まで)

有難いことに大変ご好評いただいているのですが、日本の夏の気温と湿度では、美味しいキッシュの生地を作るのが難しいからです。

パンやお菓子作りをよくする方ならご理解いただけると思いますが、バター生地はとてもデリケート。温度や湿度管理が大事です。

今でも、キッシュ生地を作るときは、早朝に冷房をガンガンにかけて室温を19℃まで下げて作っています。しかしそれを夏の間も続けるのは、エコの観点からもコストの面からも厳しいのです。個人経営のパン屋さんで夏期にクロワッサンなどをお休みするお店があるのも、同じような事情だと思います。

暑い夏でもバター生地のお菓子やパンを作っているお店はどうしているのか、というと、そうしたお店には厨房に「ラミノワ室」と呼ばれる室温を8℃くらいにした部屋があって、ジャンパーを着て生地作りをするそうです。

キッシュを楽しみにしてくださった方には申し訳ないのですが、以上のような理由から、夏期はよい状態での提供が困難です。そのため、夏期はキッシュをお休みすることとなりました。何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。

明日以降のキッシュ販売日は6月19日(土)、22日(火)、24日(木)、26日(土)、29日(火)、7月1日(木)、7月3日(土)となります。

7月6日(火)~9月末までキッシュの販売はありませんので、ご注意ください。

いずれも数量限定ですので、売り切れの際はご容赦ください。

確実にお求めになりたい方は、事前のご予約(お取り置き)をおすすめいたします。

キッシュの再開は10月を予定しております。

キッシュがお休みの間は、これに変わる美味しい一品を提供できるよう、現在シェフが試作中です。まもなくご紹介できると思いますので、どうぞお楽しみに☆

|

2010年6月 9日 (水)

満月ワインバー。そのきっかけ

口コミサイトに独立して項目が作成されるほど、一部で話題の満月ワインバー。
※現在、新月の日はバー営業はやっておりません。

ちょうど一年前の6月に第一回が開催されました。

こちらでも紹介いただいていますが、満月にワインバーをやるきっかけは偶然通りがかった書家の方の一言です。

「ここで一杯飲めたらいいのにねえ。別に毎日じゃなくてもいいんだよ。例えば月に1、2回。満月の日だけとか、文士にまつわる日とか、暦に関する日だけとか」

その方がいらしたとき、広報Yはたまたま売り子として店におりました。ちょうどGW前。路地フェスの始まる前日です。呼び込みをしていたら、すらりと長身の老紳士が店の前で足を止め、ちょっと驚いた顔で、けれど懐かしそうに外観を見つめたのです。

紳士「…ここは、『龍膽』だった場所だよね?」

Y「そうです!惣菜屋になったんです。よかったら中も見ていってください」

老紳士はリフォームした店内を見回して、「へえ、そう…こういうふうにしたの…」と、嬉しそうな表情を見せてくれました。多分、シェフの改装を気に入っていただけたのでしょう。(※店舗改装のビフォアアフター写真はこちら)店舗の中は龍膽時代とは雰囲気はまったく変わっており面影はほとんどありません。

唯一、龍膽時代から変わっていないのがカウンターです。老紳士はカウンターがそのまま残されているのを見つけると、微笑んで愛おしそうにカウンターをなでました。

紳士「知ってる?ここで昔、鎌倉文士と言われる人たちがお酒を飲んでたんだよ」

Y「そうらしいですね。我々は龍膽時代は全然知らないんですが、ママさんも有名だったそうですね」

紳士「文士がよく集まってたお店も、今じゃほとんどないからね。こうした場所も文化的価値のあるものなんだけど…パリなんかだと、カフェやバーがそのまま残っていることが多いのに。このカウンターは大事に残してほしいなあ」

シェフが「カウンターは、きれいにしただけで、何も手を加えていないんです」と言うと、うんうんとうなずいて「それがいいよ。そのまま残したほうがいい」とおっしゃって、冒頭の言葉をおっしゃったのです。

その言葉で、シェフが思い出したのが自然派ワインのことでした。beautempsのソムリエから自然派ワインのことを聞いていて、満月とワインとの関係を思い出したのです。

実は「夜はバー営業をやればいいのに」というご意見は、オープン当初からいただいていました。でも、単なる立ち飲みバーなら鎌倉惣菜でやる意味がない。けれど、満月に自然派ワインだけのワインバーなら、自然の恵みという意味で旬の食材を使う鎌倉惣菜のコンセプトにもぴったりだと思ったのです。

「満月」、「自然派ワイン」、「元・龍膽という鎌倉文士が集った場所」…ロマンティックなキーワードがあることやソムリエセレクトのワインが美味しいことで、あっという間に今のような盛況ぶりとなりました。ありがとうございます!

毎日のひとつひとつの出会いが、鎌倉惣菜を作ってくれているのだなあと改めて感じる今日この頃です。

※今月の満月は6月26日(土)。週末のため、大変混雑が予想されます。
できるだけたくさんの方に楽しんでいただきたいのですが、
タイミングによっては満員で入店できないこともございます。
あらかじめご承知おきくださいますようお願い申しあげます。

|

2010年3月26日 (金)

もうすぐ1周年

15日にギリギリで確定申告してきた広報Yです。間に合ってヨカッタ…。

さて、鎌倉惣菜はおかげさまで29日(月)で一周年を迎えます。

あっという間のような、もう一年経つんだなーというような、まだ一年か~というような気持ちです。

一昨年の夏、鎌倉移住を決めた頃は、実は無店舗・配達専門で惣菜屋をやろうと計画していました。しかも自転車リヤカーで!

最初は自宅で作って配達しようとしていたのです。でも保健所に行ったらダメって言われました(当たり前)。

そうした無謀な計画が審査員のハートをつかんだのかどうかわかりませんが、めでたく元気UP事業に認定され秋に移住。引っ越してきてから厨房用物件(配達するつもりだから)を探したのですが、我々の予算内ではなかなか見つからず…そういえば住む場所もなかなか見つかりませんでした。広さと家賃と、ちょうどいい所ってそうないですよね。今のアパートを決めたのは引越しの2週間前。ここも運よく巡りあえたなーと思います。

厨房用物件は、いくつか候補がありましたがいずれも契約には至りませんでした。年内には決めたかったのに年も明けてしまって、「なかなかうまくいかないねえ」と散歩しながら話していた、まさにその時! 塾長から「小町の路地によさそうなの出たよ」と電話をいただいたのです。電話をもらって30分後には外観を見に行って、翌日には中を見せてもらい、即申し込みました。1月初旬のことです。本当に不動産はタイミングですね。

オーナーも親切な方で、無事借りられることになったものの、店内は廃墟同然。解体やゴミ捨て、ペンキ塗りなどは建て主塾の方々や友人・知人に手伝ってもらいましたが、ほとんどはシェフ一人で作業しました。え、広報Yは何してたかって? わたくし1月末に出産したばかりだったので、赤子の世話をしておりました。

毎日朝から深夜まで作業していても、やはり一人でできる作業量には限界があるもの。3月中にオープンしようと決めていましたが、本当に間に合うのかな…と、どきどきしていたのを思い出します。うーん、今思い出しても本当によく間に合ったなあ。間に合ったけど倒れちゃうんじゃないかと思うくらいシェフは寝てませんでしたから。オープンまではそんなこんなの怒涛の日々。

開店してからは皆様ご存知の通り。この一年、お買い物や立ち飲みバーにいらしていただいた方、誠にありがとうございました!

これからも試行錯誤しつつ地元の皆様に愛されるお店となっていきたいです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

★☆★開店一周年記念★☆★

☆★☆★29日は定休日なので、30日に一周年記念をやります☆★☆★

一周年を記念して、3月30日(火)11時~14時

「おむすび」1個100円!※お一人様2個まで。

「古代米入り塩おむすび」「玄米おむすび」「味噌焼きおむすび」のどれになるかは当日のお楽しみ☆

笹屋さんオススメの美味しいお米を土鍋で炊いて作ったおむすびは当店の看板メニュー。一周年の感謝をこめて、通常1個180円~200円のおむすびを、この日に限り1個100円で販売いたします。数量限定ですので、売り切れの際はご容赦ください。

30日は満月のため、惣菜販売は14時で終了です。

|

2010年2月27日 (土)

3月は満月が2回! 1日(月)と30日(火)です

ブログのテンプレートを変えてみました。

弥勒菩薩のような浅田真央選手と、息をする度に加点されるキム・ヨナ選手が並んでいると、どーしても昔懐かし大映テレビドラマのヒロインとイジワルな敵役にしか見えない広報Yです。NBCすごいですね。日本のマスコミもこれくらいやらないかなー。スポンサー対策で無理か。

浅田選手の女子フィギュア史上初の快挙・
一試合3回のトリプルアクセルを見事決めての銀メダル
&男女全員入賞が一般人としては本当に嬉しい。
選手の皆さんおめでとうございます! 

日本のフィギュアスケートって本当にレベルが高くて層が厚いなー。
ちなみにこれを見て、今まで熱すぎてちょっとイヤ~ンと思っていた
松岡修造氏にちょっと好感を持ちました。
アスリートだからこその対応ですね。

そんなオリンピックも残りあと数日。
オリンピックが終わったらもう3月ですよ。早!

恒例の満月ワインバー、
3月は1日(月)と30日(火)の二回あります。

普段月曜日は定休日なのですが、
1日は17時からワインバーとして営業します。

美味しいワインとおつまみを用意して皆様をお待ちしております!

|

2010年1月 8日 (金)

新登場のメニュー♪

今日もいいお天気ですね。
鎌倉惣菜では、いくつか新しいメニューをご用意して
皆様のご来店をお待ちしております。

Photo
サモサ(カレー味のじゃがいも包み揚げ) ¥105/1個
カレー風味でお酒のつまみにもぴったりです。

Photo_2
佐賀産大豆の八目煮 ¥250/100g
8種類の野菜と大豆が一度に食べられる! 見た目地味(当店にはそういうのが多い…)ですが、とっても健康的な一品です。お正月休みの御馳走で疲れた身体にいかが?


Photo_3
柿と蓮根のクルミ味噌和え ¥400/100g
それぞれの食感とクルミ味噌が絶妙です!

|

より以前の記事一覧